現在、金利を定める法律は、利息制限法だけ

ちなみに元本10万円未満の貸付は年20%、
10万円以上100万円未満の貸付は年18%、
100万円以上の貸付は年15%が

上限となっています。

この金利を超えて貸付を行う業者は、いわゆる闇金と呼ばれるのです。

最近テレビを見ていると、弁護士事務所や司法書士事務所のCMが頻繁に流れ、「支払い過ぎた借金が返って来る」とか、「10年以上取引がある人は100万円以上取り戻せる」などと宣伝しています。

これがいわゆる過払い金返還訴訟と言うものです。

かつてサラ金は、利息制限法を無視して、出資法の年29.2%と言う高い金利で貸し付けていました。

もちろんこの時も利息制限法を超える金利は違法でしたが、「出資法に違反しない範囲内で、各種の条件を満たし、かつ借主が任意に利息を払った場合はOK」とされていたのです。

つまり借主が年29.2%という非常に高い金利で借りることを承知したから、貸手は受け取って構わないとなっていたのです。

そしてこの29.2%と18%の金利の差を、グレーゾーン金利と呼びました。

しかし平成22年6月より出資法の金利が利息制限法と同じ率まで下げられて、現在はこの問題は無くなったと言うわけです。

そしてこれまで高い金利で支払っていたのは違法で無効なのではと裁判されることになり、最高裁で違法判決が出たのです。

これによりこれまでグレーゾーン金利で支払った分の利息を取り戻そうと、過払い金返還訴訟が頻発されるようになったのです。

これはサラ金側のも大きな痛手となり、大手サラ金の武富士が倒産に追い込まれたのでした。

なお過払い金の返還請求権は、取引完了後10年で時効となっていまいます。

ですから弁護士事務所や司法書士事務所が最後の儲けのチャンスと散々宣伝しているのです。

現在は利息制限法を超えて貸し付けるのは闇金しかないので、年18%(街金なら年20%)のみ覚えていれば大丈夫です。