歯磨きの方法|バス法を詳しくご説明

前回ご説明したバス法ですがコツは歯ブラシの角度にあります。

それは歯に45度の角度になるように歯ブラシを当て歯と歯茎の間に毛先を入れて歯ブラシの先を歯茎に突き刺すように振動させなければ効果はありません。とはいっても力を強く入れすぎるのは逆に歯茎を傷めるのでだめです、あくまで突き刺すようにです

バス法は歯周ポケット(歯と歯茎の境目の溝)を清掃する方法です、この歯周ポケット、健康は歯茎だと1ミリから2ミリですがそれ以上あると汚れが溜まりやすくなります。

汚れが溜まりやすくなると最近が繁殖して歯茎の炎症がひどくなり歯槽膿漏とよばれる状態になってしまいます。

それを防ぐため歯周ポケットの清掃をするのですがその角度で最も適しているのが45度という角度なんです。。

バス法で大事なのはブラシを小さく震動させて磨く、という事です。

電動歯ブラシのような動きと言ったらいいのでしょうか、細かく振動させるのがコツです、普通の歯磨きのように左右に思い切り動かすのではなく同じ範囲で細かく動かしましょう

上手くできないというかたは電動歯ブラシを使うのもよいでしょう、ただし余り安価な物はお勧めできません。。