歯磨きの最近の記事

歯磨きで口臭予防

口臭と言うのは知らないうちに相手を不快にさせていたりします、あざますニュースでも婚活について書かれていましたがそういった場合でもいくら身だしなみを綺麗に整えても口臭一つでだいなしです

胃が悪かったりしない限り口臭の原因歯磨きをきちんと出来ていない場合が多いです。

歯からの口臭予防には朝と夜寝る前にきちんとした歯磨きをしなければいけません。

特に朝起きた時の口内というのは細菌だらけですので朝にきちんと歯磨きをして雑菌を減らす事によって口臭予防になります。

とくに歯と歯茎の間の歯周ポケットは細菌にとって良い住処になっているのでここでお勧めしたバス法を使って磨く事をお勧めします。

歯ブラシ選び方ですがまずはブラシ部分の毛の種類ですがナイロンの毛のものがおすすめです。

ナイロンなら水で洗うだけで綺麗になりますし乾きも早いので清潔です、ブラシ部分も小さいものを選んだほうが動かしやすいので隅々まで磨く事ができます。

歯ブラシの主な目的は歯垢を落とす事です。歯垢と言うのは粘り気がつよいので適当なブラッシングでは落としきれません。

ですので何本の歯を一度に磨くのではなく一本ずつ丁寧に磨く習慣をつけましょう。

朝も大事ですが夜もきちんと一日の汚れを落として雑菌の繁殖を防ぐようにしましょう

歯磨きの方法|バス法を詳しくご説明

前回ご説明したバス法ですがコツは歯ブラシの角度にあります。

それは歯に45度の角度になるように歯ブラシを当て歯と歯茎の間に毛先を入れて歯ブラシの先を歯茎に突き刺すように振動させなければ効果はありません。とはいっても力を強く入れすぎるのは逆に歯茎を傷めるのでだめです、あくまで突き刺すようにです

バス法は歯周ポケット(歯と歯茎の境目の溝)を清掃する方法です、この歯周ポケット、健康は歯茎だと1ミリから2ミリですがそれ以上あると汚れが溜まりやすくなります。

汚れが溜まりやすくなると最近が繁殖して歯茎の炎症がひどくなり歯槽膿漏とよばれる状態になってしまいます。

それを防ぐため歯周ポケットの清掃をするのですがその角度で最も適しているのが45度という角度なんです。。

バス法で大事なのはブラシを小さく震動させて磨く、という事です。

電動歯ブラシのような動きと言ったらいいのでしょうか、細かく振動させるのがコツです、普通の歯磨きのように左右に思い切り動かすのではなく同じ範囲で細かく動かしましょう

上手くできないというかたは電動歯ブラシを使うのもよいでしょう、ただし余り安価な物はお勧めできません。。

歯磨きの方法|バス法

これからご説明するバス法という歯磨きの方法は歯周病予防や治療に効果的だといわれている歯磨きの方法になります。

簡単に言ってしまうと歯と歯茎の間の歯垢を取りながら歯茎も同時にマッサージする方法になります。

歯ブラシは固めのものを使うと歯茎を傷めてしまう可能性があるので柔らかめのものを使うのがコツです。

どうでもいいお話ですがバス法という名前はこの歯磨きの仕方を考案したドクターバスにちなんでなずけられた名前になります。

バス法は歯茎と歯の境界部分に歯ブラシを斜め45度の角度で歯ブラシをあてながら左右に振動させていくのですがこの際に軽い力で小刻みに左右に振動させるように磨くのがコツです。

強い力で歯ブラシを動かしてしまうと歯肉を傷つけてしまったりするので逆効果になります。

また歯磨き粉も使わないというのもポイントです。バス法をする際は使わずに最後の仕上げにだけ歯磨き粉をつけて磨くようにしましょう。

ただしバス法も万能の磨き方ではありません、歯と歯の間を磨くには向いていないので他のブラッシング方法と併用するといいでしょう。