借金の最近の記事

絶対に利用してはいけないスピード金融

借り入れまでのスピードが一番早いのは間違いなく闇金です。

消費者金融の場合は必ず借り入れの際に契約書を交わす必要がありますが闇金の場合は契約書などは必要もありません

また消費者金融だと総量規制などの関係で年収を確認する為に源泉徴収が必要になったり、住民票が必要だったりと審査時に提出しなければいけない書類が色々必要になってきます。

それらの書類をそろえるために役所に行ったりしなければいけないですから審査は最短30分とホームページに書いてあったとしても準備も入れると実際はもっと時間が掛かってしまいます。

また、対面融資がメインの消費者金融の場合は直接店舗までの移動時間も必要になってきますのでこれもまた時間が掛かってしまいます。

その点、闇金は基本的に携帯一本で審査から融資までが完結します。身分証明書なども携帯のカメラで撮影してメールに添付して送ればそれで終わりなので何かを郵送しなければいけないということもありません。

早いところでは申し込みをして30分後にはお金が振り込まれているような闇金もあります。

ただし闇金の場合は利息がとても高利なので安易に借りると痛い目を見ますのでいくらスピード金融だからと言って闇金からお金を借りるのはお勧めできません。

闇金に比べるとどうしても融資までのスピードは遅い所が多いですがそれでも現在は様々な方法を使って少しでも早くしようと努力している消費者金融も多く見かけるようになりました。

ただここで気をつけてほしいのがホームページなどに審査時間最短30分!と書いてある場合です。

まず、最短で30分ということなのでいつ申し込んでも30分で審査が終わるとは限らないと言う事です。とくに申し込みが多い場合などは最短30分と書いてあったのに連絡が来たのが次の日だったなんていうのはよく聞く話です。

ですので朝一番で申し込みをする、WEB申し込みが出来るところの場合は前日の夜にでも申し込みだけしておくのが良いでしょう。

次に審査が30分で終わったとしても融資までに時間がかかる所もあるということです。

これはどういうことかと申しますと審査結果が30分で出て可決だったとしましょう、ですがその後に契約書類のやり取りが郵送でしか出来ない所の場合、その日のうちに借りるのはまず不可能になります。

そこで出てきたのがジッピーにも書かれていたモビットのWEB完結です。これは必要書類もすべてスマホのカメラで撮影して送ればいいので郵送での書類のやり取りがありません、更には在籍確認もありません。

ただし必要書類を事前に揃えておく必要があるのでその点は注意が必要です。

正規の消費者金融の中でスピード金融と呼べるのはモビットと言うことになります。

スピード金融とは?

スピード金融とは借り入れまでのスピードが速い金融の事を指しています。

お金が必要になり借り入れをしたいと思ったとき少しでも早くお金を借りられる所がいいですよね?

ただ消費者金融の場合は審査スピードが速いと謳っている所でも実際に契約書のやり取りだったりが間に挟まってくるのでどうしてもお金が手元に来るまでには時間がかかる所も少なくありません。

そんな理由から闇金の事をスピード金融と呼ぶ人もいます。

特に個人事業主や中小企業の社長などの方にとっては闇金が一番のスピード金融だと言っても過言ではないかもしれません。

正規の消費者金融の場合だと事業資金融資となると書類を揃えたり審査にも時間が掛かってしまいますが、闇金だと借り入れまでに書類のやり取りなども必要がありませんし電話一本で申し込みから審査まで終わりますので融資までのスピードは早い事に間違いありません。

ただ、いくらスピードがあるからと言って闇金は利用しないに越した事はありませんが・・・