2016年11月アーカイブ

歯磨きの方法|バス法

これからご説明するバス法という歯磨きの方法は歯周病予防や治療に効果的だといわれている歯磨きの方法になります。

簡単に言ってしまうと歯と歯茎の間の歯垢を取りながら歯茎も同時にマッサージする方法になります。

歯ブラシは固めのものを使うと歯茎を傷めてしまう可能性があるので柔らかめのものを使うのがコツです。

どうでもいいお話ですがバス法という名前はこの歯磨きの仕方を考案したドクターバスにちなんでなずけられた名前になります。

バス法は歯茎と歯の境界部分に歯ブラシを斜め45度の角度で歯ブラシをあてながら左右に振動させていくのですがこの際に軽い力で小刻みに左右に振動させるように磨くのがコツです。

強い力で歯ブラシを動かしてしまうと歯肉を傷つけてしまったりするので逆効果になります。

また歯磨き粉も使わないというのもポイントです。バス法をする際は使わずに最後の仕上げにだけ歯磨き粉をつけて磨くようにしましょう。

ただしバス法も万能の磨き方ではありません、歯と歯の間を磨くには向いていないので他のブラッシング方法と併用するといいでしょう。